2007年07月16日

お母さんのための、失敗しない中学受験法

母さん達にとって中学受験を控えている時期は、お子さんの事が心配でしょうがないと思います。自分がお腹を痛めて産んだ子ですし、一生懸命育ててきたので、可愛くない訳がありません。

お母さんの中には、つい感情的になって指導してしまう事もあると思います。自分のお子さんが中学受験に失敗しない為にも、今一度お母さんの指導法を考えてみましょう。

まずお母さんが、「起きなさい。」「ご飯食べなさい。」「勉強しなさい。」「宿題しなさい。」「寝なさい。」等といちいちお子さんに言うのは程々にしましょう。

中学受験を考える頃のお子さんは、もう自分で考えて行動する能力は、充分備わっていると思います。しかし「〜しなさい」を言いすぎると、お子さんが自分から行動するということをしない子になってしまう可能性があります。誰でも言われたまま行動した方が楽ですし、叱られませんので。お子さんにとってはその方が楽なのでしょうから。

そうなってしまっては、中学受験の時はもちろんですが、他のことでも苦労すると思いますので、お母さんが「〜しなさい」といちいち言うのは控えて、お子さんの自主性を育てた方が良いでしょう。

次に、子どもを沢山褒めてあげましょう。そしてしかる時は、肝心な時にだけにしましょう。子どもを叱りすぎたり、いちいち小言を言うのは「〜しなさい」と言っているのと同じではないでしょうか。また子供が萎縮してしまうと思います。

勉強をさせたいと言うお母さま方の気持ちは、良く分かりますが、自分から行動するまで何も言わずに、そしてお子さんが自分から勉強した時には、沢山褒めてあげるようにしてみてはいかがでしょうか。これはとても忍耐も必要と思いますが。

そうすることで、お子さんを自主的に勉強させるように誘導することができますし、お子さんもお母さんに褒められて嬉しいでしょう。

最後に何事もプラス思考で考えましょう。
マイナスイメージのある言葉は想像以上に、お子さんを傷つけてしまうことがあります。そのようなマイナスイメージのある言葉を沢山かけられてきたお子さんは、何事もネガティブになってしまいがちですので、細心の注意が必要です。

ぜひプラスのイメージがある言葉をお子さんにたくさん与えて下さい。そうする事で、お子さんも自分に自信がもてるようになります。

以上のことを実践すると、お子さんも自分に自信を持ち、中学受験もいい方向に進む事でしょう。


posted by 中学受験 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 私立中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。